怠惰なダイエット:体重を減らすための最も簡単で安全な方法

新しいものが忘れられがちな古いものであることの別の確認。怠惰な人のための食事療法の本質は、水の適切な使用です。これは私たちの祖母が守った規則です。この記事で説明されている簡単なルールに従うことで、わずか1か月で余分な体重を取り除くことができます。

怠惰な食事療法の利点

体重を減らす他の方法と比較して、怠惰な水の食事療法は、故障やそれに伴う精神的外傷のリスクなしに、より快適にそれを行うのに役立ちます。

女の子は怠惰な食事療法で水を飲む
  1. すべてのルールを厳守すれば、何でも食べられます。カロリーを数える必要はなく、メニューを考えてダイエットミールだけを調理し、熱処理方法に注意してください。
  2. 水が胃の全量を満たしているという事実のために、絶え間ない空腹感はありません。さらに、そのゼロカロリー含有量。
  3. 内臓の働きが改善され、体が浄化され、皮膚の状態に好影響を与えます-これはすべて、大量の液体が消費されることによって助けられます。
  4. 水は優れた代謝触媒です。彼女のおかげで、体はカロリーをより速く燃焼し、エネルギーに変えます。体はすぐに目覚め始め、一般的な健康状態が改善し、眠気が消えます。
  5. 怠惰な食事は、休暇中、職場、自宅など、どこでも続けることができます。特別なトレーニングやライフスタイルの変更は必要ありません。

しかし、怠惰な人のための食事療法の最も重要な利点は、特に休日のごちそうの間に、あなたがあなたの好きな御馳走にふけることができるということです。事前に必要な量の水分を飲んで、喜んで体重を減らす必要があります。

減量率に影響を与える要因

余分な体重を減らすことは個々のプロセスであり、体重を減らす体に依存します。怠惰なダイエットは、肯定的なレビューでのみ有名です。ウォーターダイエットのおかげで、1ヶ月で5から12kgを失う可能性があります。

減量の割合が依存する要因:

  • 人が食べる食べ物。あなたは何でも食べることができるという事実にもかかわらず、脂肪、でんぷん質、そして甘いものが過剰に豊富になると、体重減少のプロセスが遅くなることを覚えておく必要があります。塩の量を少し減らすことも望ましい。
  • 太りすぎの総質量。プロセスはより速く進みます。細身で痩せた人では、体が余分な体重を減らすのがはるかに遅くなります。
  • 年。年配の人ほど代謝が悪くなります。若い人は体重が減りやすいです。

しかし、多くの点で、効果は本人に依存します。ウォーターダイエットをしている人の中には、週に1 kg減量する人もいれば、同じ期間に最大5kg減量する人もいます。身体活動は体重を減らすプロセスをスピードアップします。体育では、太りすぎの人がたるんだり、弾力性を失ったり、たるんだりすることはありません。

怠惰な人のための水の食事療法

基本的な推奨事項とルール

年に1回、3週間以内に怠惰な食事をとることをお勧めします。しかし、それを繰り返す正当な理由がある場合は、少なくとも1か月のダイエットサイクルの間の休憩を維持する必要があります。食事の直前に得られた飲料水の有用な習慣は、日常の栄養に適用することができますが、液体の量をわずかに減らす必要があります。

基本的なルールを厳守することで、最短時間で余分な体重との戦いで成功を収めることができます。

  1. 怠惰な食事のルールに従い、純粋な静水のみを飲むことが重要です。食事と一緒に、そして少なくとも次の1時間は飲み物を飲まないでください。割り当てられた時間の後、あなたはお茶、コーヒーまたはハーブティーを飲むことができます。
  2. 水は生でのみ消費され、常に室温で消費されるべきです。熱処理中、水はその有用なミネラルと塩のほとんどを失います。暖かい-消化管の働きを開始しながら、代謝を加速し、体を食物摂取に合わせて調整します。
  3. 果物、クラッカー、種子であっても、メインディッシュの20分前だけでなく、軽食の前にも水を飲む必要があります。原則として、多くの人にとって、スナックを飲みたいという欲求は、コップ2杯の液体を飲む必要性からのみ消えます。

水は常に近くにある必要があります。必要な量の液体を測定するのに問題がないように、必要な量の小瓶を購入することができます。

怠惰なダイエット-おおよそのメニュー

ダイエットを始める前に、おおよそのダイエットを検討することをお勧めします。時間ごとに食物摂取を厳守すると、パフォーマンスが向上する場合があります。生の果物の消費量を増やし、甘い、脂肪の多い、粉っぽい、燻製の肉を減らすことも、余分な体重をすばやく取り除くことに貢献します。

怠惰なダイエット食品

怠惰な人のための毎日のダイエットメニューは次のようになります。

時間 メニュー
朝ごはん

7:40-きれいな水を2杯。

8:00-通常の朝食。

9:15-9:30-砂糖を含まないコーヒーまたは紅茶。

9: 30 – 12: 40 無制限の純粋な非炭酸水
晩ごはん

12:40-ガスを含まないコップ2杯の水。

13:00-料理とカロリーの内容を含む昼食。

14:15-14:30砂糖なしのお茶またはコーヒー。

14: 30 – 17: 40 室温で任意の量のきれいな水
晩ごはん

17:40-きれいな水を2杯。

18:00-味わうディナー。

19:15-19:30砂糖を含まない飲み物。

19: 30 – 7: 40 お腹が空いたら、水を飲むことができます。

主な禁忌

大量の水を使用するため、多くの有用な物質、特にマグネシウム、ナトリウム、カルシウムが体から洗い流され始めます。食事中は、ビタミンミネラル複合体を飲み始めることをお勧めします。

この減量方法を選択するための禁忌:

  • 妊娠と授乳の3学期。
  • 腎臓、膀胱などの問題などの排泄システムの病気。
  • 体内のカルシウムが不足している場合。
  • 16歳未満の子供のための食事療法を維持することはできません。

食事を始める前に、心臓血管系の病気を患っている人は医師に相談する必要があります。また、水を飲みたくない人にはこの方法を選択することはお勧めできません。